• 【恐怖】田舎の祖父の家に遊びに行った時のこと。夜中、寝ていると明...

【恐怖】田舎の祖父の家に遊びに行った時のこと。夜中、寝ていると明らかに祖父のものではない足音が…私と姉はお化けだと思い、布団の中で手を握り合ってた→すると・・・

鬼女速報

51: おさかなくわえた名無しさん 2018/05/26(土) 19:47:28.21 ID:l2b/zSmE

今で言う限界集落みたいなところに祖父の実家があった。祖父母もその息子である私の父も皆東京に住んでいたし、普通祖父の実家なんて行くことはないんじゃないかと思う。
私が小学3年の頃、父と祖父と、そして私と姉が一緒にその集落に行ったことがある。
祖父の実家は資料館で見るような、昔の裕福な農家のようなつくりで、庭を囲むようにして三方に建物があり、一番大きな真ん中の建物が住居だった。母屋というのか?
父と私と姉は、母屋ではない大きな納屋みたいな建物に泊まらされた。納屋と言ってもちょっとした一軒家分はあったと思う。半分は土間に農具やらなんやら。もう半分がちゃんとした床の部屋になっていたので、そこに。


続きを読む

Source: 鬼女速報 ― キチママ・修羅場まとめ ―

関連記事
コメント
コメント投稿

コメント ( 必須 )

お名前 ( 必須 )

メールアドレス ※公開されません ( 必須 )

サイトアドレス ( 必須 )

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。