【衝撃】アメリカ在住の友人兄夫婦は子供ができず、エージェントに登録して1年以上経ってようやく子供が貰える事になった → ところが引き渡しの日に病院に行くと…

ラブラドール速報

/front.js

592 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/2016/12/23(金) 17:31:07ID:c0c1J/XJ.net
アメリカに住んでる友人の兄夫婦の話
兄夫婦はなかなか子供ができず、長年の不妊治療を経て、養子をもらう事にしたらしい
エージェントに登録して一年以上経って、ようやく子供が貰える事になった
連絡が来たのは突然で、2週間後に出産予定の妊婦と一度だけ面接をして、すぐに決定
その母親に生活費?として400万程支払った
出産は滞りなく無事に済み、産んだ2日後に病院で引き渡しとなったのだが…
生まれた子を引き取りに病院に行くと、受付前でギャーギャーと騒ぐ音
何かと思うと半ネ果で髪を振り乱して暴れている女が…よく見るとその半ネ果の女は子の母親だった
なんと、その女は覚成剤でハイになって暴れていたらしい
しかも、産後に分かったらしいが梅毒にもかかっていたんだと

すぐにエージェントを交えて話し合いをしたが、妊娠中はドラっグはやっていない、魔がさしただけと泣きながら謝られたらしい
お金がないから、検診もちゃんと受けられなくて梅毒なのも知らなかったと
生まれた子には今の所影響はないそうだが、今後どんな影響が出てもエージェントも母親も責任は一切負わないそうだ
養子を辞退してもいいけど、既に支払った400万は戻ってこないんだと!
実はその女は、産んだ子を養子に出すのは3回目で、ヤク中で金目当てに妊娠出産を繰り返しているらしい
養子斡旋が日本よりも進んでいるアメリカならではのトラブルで、実はこういう事はよくあるそう。色々と衝撃的だったわ
悩みに悩んだ末、夫婦は結局引き取る事にしたけど、このままその子が健康に育つことを切に願う

続きを読む

Source: ラブラドール速報

関連記事
コメント
コメント投稿

コメント ( 必須 )

お名前 ( 必須 )

メールアドレス ※公開されません ( 必須 )

サイトアドレス ( 必須 )

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。