【閲覧注意】義実家に戻って来た義兄「次の仕事が見つかるまで住むよ」→娘も凄くなついた結果、育児が楽になったので感謝してたある日、娘の下着がなくなった…

鬼女のつぶやき

/front.js

41 :名無しさん@HOME 2007/12/12(水) 23:17:08 0
955 名前:名無しさん@HOME 投稿日:2007/12/12(水) 21:08:58 0
娘の居る人には読むのはお奨めしない。

娘が2歳の時に同居してた夫実家に仕事辞めた義兄当時35歳が戻ってきた。
次の仕事が見つかるまで一緒に住むよ、と。
仕事も探してたし、子供にもとっても優しい人で娘も凄くなついてた。
ひざに乗って一緒にご飯食べたり、おしっこやうんちも義兄に言うくらいに。
オムツ換えまでしてもらって育児が楽になり、正直感謝してた。
結局仕事が見つかったものの、落ち着くまで実家で、と言われた時は感謝すらした。
ところが娘と一緒にお風呂入ってるとき、突然私の股間を娘が触ってくるようになる。
おしりを開いて穴を舐めようとしたりも。
一体何事かと思ったが、当時娘は2歳になったばかりでいまいちよく分からない。
悩んで夫に相談したが夫もやっぱり分からない。
それで専門家に相談しようか、という事も話に出るように。
そんなある日、ふと気がついたんだが昨晩洗濯機に入れたはずの娘のパンツがない。
最初気のせいかと思ったが、他のものはあるのに娘のパンツだけがないなんてありえない。
それにあの娘の異常行動。
それからはまさに疑心暗鬼の日々だった。
誰にも娘のオムツ換えやトイレや風呂もさせなかったし、
毎日娘のものは手洗いして部屋に干した。
夫は勘違いだと言うし、それを鳩されたウトメも逆に私を心配する始末。
一番の容疑者は義兄だったが、娘は義兄になついており
もしかしたら本当に私の勘違いかと思って落ち込んでいた。
ある日、夫と遊んでた娘を置いて台所に立ったら、娘が義兄にじゃれていた。
その娘のズボンとパンツに手を入れお尻をもむ義兄を発見。
顔はもうにんまりと、娘の顔に頬ずりせんばかりに近づけて口を尖らせている。
体中が冷たくなって、悲鳴を上げて娘を奪還、
義兄は驚き慌て、その声に驚いた夫とウトメが走ってくる。娘もビックリして泣いた。
喚く私に皆「勘違いだよ!」「義兄がそんな事するわけない!」「オムツの具合を見ただけ」
「子供好きだから」「ただのスキンシップ」挙句には私に精神科への受診を進めてくる。
「義兄がそんな事したと勘違いするなんて異常だ」、と。

続きを読む

Source: 鬼女のつぶやき〜2ch鬼女・キチママ・生活まとめ〜

関連記事
コメント
コメント投稿

コメント ( 必須 )

お名前 ( 必須 )

メールアドレス ※公開されません ( 必須 )

サイトアドレス ( 必須 )

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。