うちの猫が自由に歩き回れるように庭に2M超えのフェンスを張りハンモックや滑り台まで設置 それを公園と勘違いした近所の母親「庭を子供の為に開放しろ!」→ 丁重にお断りした結果…

ラブラドール速報

/front.js

123:名無しの心子知らず2010/09/21(火) 17:03:30ID:ObrRz+R4

うち猫を飼っているんで、家を建てる時に猫が庭を自由に歩き回れる様に
2m超えのフェンスを張り巡らした。
庭にはハンモックや簡易滑り台や、夫が作った展望台wを設置。
で、近所の子供が公園と勘違いしたらしく、何度か侵入を試みたらしい。
門は常に施錠してるし、フェンスを乗り越えて侵入した子はいなかったが、
名前も知らない母親Aが突然訪ねて来て「庭を子供の為に解放すべきだ!」
と言い出した。
丁寧にお断りしたが、粘る粘る。
最後は「後悔するわよ!」と捨て台詞で帰って行った。
何を後悔させられるかと思ったら、なんとAはこの辺の有力者の娘である
ボスママBに訴え、私に圧力をかけようとしたらしい。
「威張って遊具を置いて、子供に見せびらかしてる」とか「子供より猫を
優先する馬鹿主婦を何とかしてくれ」とか。
でもBって、夫の姉なんだよね。
しかも一匹は、義姉がタヒにかけていたのを保護して長年可愛がっていた猫。
姪っ子にアレルギー症状が出たので、家で飼えなくなり、私に土下座して
飼ってくれとお願いしてきた猫なんだ。
時々、姪っ子を旦那に預けて、猫と思う存分触れ合うために家に来る。

で、Aはどうなったかというと、義姉が「それうちの弟嫁」っていうと、
ひぃゃぁああって叫びながら逃げたらしい。
それ以来、姿を観てないとの事です。 

続きを読む

Source: ラブラドール速報

関連記事
コメント
コメント投稿

コメント ( 必須 )

お名前 ( 必須 )

メールアドレス ※公開されません ( 必須 )

サイトアドレス ( 必須 )

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。