上司「昼間でも電気は点けろって言ってるだろ!」とたまたま近くの私がビンタされた。更に貶められ悪い事してないのに悔しくても頭を下げるしかなく…。我慢が限界を超え復讐を決意

鬼女のつぶやき

/front.js

135 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止 2014/10/08(水) 01:24:57 ID:JyhU0R8R0!てんさい♥きんし
5年くらい前まで老人施設で働いていた。その時の上司が最悪だった。

「休憩」「シフト表作るから」とか言いながら勤務中、休憩室でたばこばかり吸っている。ナースコールが鳴っても無視するから、上司と二人で夜勤すると私だけが1人でナースコールに対応して走り回っていた。走ると「夜中にバタバタうるさい、走るな」とキレられる。
「職員はエレベーターを使わず階段を使え」と言うくせに自分はエレベーターを使う。私が指摘すると逆ギレ。
「換気しろ」とわめきながら窓やドアをぱんぱん開けて回るくせに、閉めない。換気したばかりで説明したのに「まだ臭い、空気が悪い、入所者がかわいそう」とキレる。入所者が寒いから閉めて、と言うから閉めると、また開けに来る。
それでも上司だから、と我慢していた。

昼間は明るいからフロアの電気はつけない。その日も天気がよかったし、勤務していた職員みんな、電気はつけなかった。トイレや医務室など、少し薄暗い部屋はもちろん、電気はつけていた。
そしたらそれにきづいた上司が顔を真っ赤にしてキレた。「昼間でも電気はつけろって言ってるだろ!」とたまたま上司の近くにいた私がなぜかビンタされた。
しかも「こいつは私の言うことを全くきかない。みろ、ちゃんと仕事しないとこいつみたいになる」とみんなの前で笑われた。
面会に来ていた家族の方々、入所者の方々、実習生、同僚たち、みんなの前で怒鳴られた。
なんで、私が?悪いことなにもしてないのに、と悔しくて悔しくて、でもみんながいたから「すみません」と頭を下げるしかなく、そんな自分が嫌で嫌で、成人して初めて悔し泣きした。

続きを読む

Source: 鬼女のつぶやき〜2ch鬼女・キチママ・生活まとめ〜

関連記事
コメント
コメント投稿

コメント ( 必須 )

お名前 ( 必須 )

メールアドレス ※公開されません ( 必須 )

サイトアドレス ( 必須 )

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。