• 彼が日常にラ・フランスとカマンベール・チーズを備えておかない生活...

彼が日常にラ・フランスとカマンベール・チーズを備えておかない生活がどれだけ貧しいか説いてくる

鬼女速
百年の恋も冷めた瞬間 Open 8年目

419: 名無しさん@おーぷん 2018/10/08(月)16:54:47 ID:BLj

既女板でラ・フランス話が盛り上がっていたのでこっそり便乗。
大学生の時に、違う学部の男子学生とつき合い始めた。

彼は「おしゃれ」な人で、ファッションとか食べ物とか、ヨーロッパ系のものが好きだった。
互いにおつき合いは初めてで、おっかなびっくり初々しくやっていたが、
ある日、彼が「女の子の手料理って食べてみたい」と言い、
私も「部屋に招いて手料理を振る舞う」というのをやってみたかったので、
週末のお昼に一人暮らしのアパートに来てもらうことになった。

続きを読む

Source: 鬼女速

関連記事
コメント
コメント投稿

コメント ( 必須 )

お名前 ( 必須 )

メールアドレス ※公開されません ( 必須 )

サイトアドレス ( 必須 )

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。