明るくて楽しくていつもふざけて歌っている母が、父の不倫を機にうつ病になった。家事も炊事も滅茶苦茶で味付けがおかしくなり、父が益々不倫にのめり込んだ。すると母も輪をかけ…

鬼女のつぶやき

/front.js

256 :名無しさん@HOME 2016/07/01(金) 12:36:50 0.net
母親がうつ病になったことが、自分の人生で最大の修羅場というか衝撃だった。
自分にとっては明るくて楽しくていつもふざけて歌ってるような母親だった。
それが父親の不倫を機に、1週間起き続けて何かをやっていたり、そうかと思えば2週間寝っぱなしだったり。
炊事や家事もめちゃくちゃで、急に料理の味付けがとんでもないことになったりして、
中学生の自分もサポートしたんだが、それまでろくに手伝ってこなかったから、冷凍食品や店屋物ばかりになって。
家も掃除が行き届かなくなっていって、ますます父親が不倫相手にのめり込み、
そうすると母親が輪をかけて悪くなって、風呂にも入らず着替えもせず、食事も食ったり食わなかったりで表情も言葉もなくなって。
何週間も風呂に入っていない母親を、半ば無理矢理起こして食事させようとしたら、
母親さ、箸もフォークも持てなくなっていて。
腕をあげてらんない感じ?
無表情の母親の顔が困った感じででも半笑いみたいになって、目から涙が出てて、
それ見たらこっちも悲しくて苦しくて母親がタヒぬんじゃないかって大泣きした。
父親にはもう相談せずに、母方の祖父母に連絡して、
母親の兄弟が家に来てくれて、精神科に運んで入院になった。

続きを読む

Source: 鬼女のつぶやき〜2ch鬼女・キチママ・生活まとめ〜

関連記事
コメント
コメント投稿

コメント ( 必須 )

お名前 ( 必須 )

メールアドレス ※公開されません ( 必須 )

サイトアドレス ( 必須 )

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。