浮浪者だった俺は、山中の神社の廃墟に住んでいた。そこへ暴走族がやって来て、俺を袋叩きに… → 命の危険を感じた瞬間、予想もしてなかった事態が・・・

鬼女まとめちゃんねる

神社

引用元:死ぬほど洒落にならない怖い話を集めてみない200

https://anchorage.5ch.net/test/read.cgi/occult/1224864816/

220: 鬼女まとめちゃんねる 2008/10/26(日) 23:51:51 ID:nRpiE0H90
これは5年程前からの話です。

当時、私は浮浪者でした。 
東京の中央公園で、縄張り争いに敗れて危うく殺されかけ。 
追放されたあと、各地を転々とし。最後に近畿地方のとある山中の神社の廃墟に住まうようになりました。
 
ふもとに下りてはなんでもやと称して里の人の手伝いをし。 
手間賃をいただいて食いつなぐ身の上でした。
 
その生活の中で一番恐ろしかったのは、人間です。 

「何でも屋です。何が御用はございませんか」

といっただけでいきなり猟銃を向けられた事も御座います。
 
「一度弾を込めたまま人間に向けてみたかったんだ。ほらよ」

と口止め料まがいの大金(恐怖に慄いた代金は1万円でした)を渡されましたね。

続きを読む

Source: 鬼女まとめちゃんねる

関連記事
コメント
コメント投稿

コメント ( 必須 )

お名前 ( 必須 )

メールアドレス ※公開されません ( 必須 )

サイトアドレス ( 必須 )

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。