野球部でレギュラーだったのだが、大会を控えたある日の帰り道、顔を隠した暴漢達に襲われ右足骨折し出場不可に → 俺の代わりに出場した奴を怪しんだキャプテンが調査を開始すると…

ラブラドール速報

/front.js

971:本当にあった怖い名無し投稿日:2013/08/20(火) 21:34:47.41ID:+IUfgh4o0
・十数年前の話。
・高校の野球部、一番ショートでレギュラーだった俺。
・三年の夏、最後の甲子園に向けて、県大会が始まる。
・駅から家までの夜道、顔を隠した数人の暴漢に襲われて右足骨折。

・当時、校長が国際派だったせいで朝鮮学校とよく練習試合をした。
・負けると、駅などの公共の場で集団に囃し立てられる。
・勝つと、主力選手が「謎の負傷」。
・県大会前に練習試合、かなり手は抜いたものの相手の自爆で勝利。
・原因はこれだろうと思われ、犯人も見つからず。

・自分は出られずとも、裏方くらいはやりたいと、スコアラーや道具の整備をする。
・チームは準決勝で惜敗、お疲れ会で皆から「お前が出ていたら」と惜しまれる。
・同じ三年で、俺の替りに出場したAが「出たのは俺なのだから、そうやって惜しむのは
俺をバカにしている」とキレ始め、かなり悪い空気の中で散会。

続きを読む

Source: ラブラドール速報

関連記事
コメント
コメント投稿

コメント ( 必須 )

お名前 ( 必須 )

メールアドレス ※公開されません ( 必須 )

サイトアドレス ( 必須 )

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。